Thinkfree Office Showオンライン対MS Powerpoint Online

機能の比較チャート

応用

特徴

MSパワーポイント

オンライン

Thinkfree 説明
共通      
自動保存     最新の変更を定期的にファイルストレージに自動的に保存します。
クリップボード     コピー(Ctrl + C)してコンテンツを貼り付けます(Ctrl + V)。
取り消しとやり直し     元に戻す(Ctrl + Z)か、一連の操作を繰り返します(Ctrl + Y)。
オフラインでの表示とオーサリング     オフラインでプレゼンテーションを表示または編集することはできません。
別名で保存してコピーをダウンロードする     WorkDocsのファイル一覧画面からコピーを作成またはダウンロードできます。
書式設定      
フォントの書式設定     太字、斜体、下線、フォント、サイズ、色をテキストに適用することができます。
アラインメント、箇条書き、数字     段落の配置を変更したり、箇条書きを適用したり、番号を割り当てたり、箇条書きや番号付きのテキストレベルを変更することができます。
テキスト、図形、画像に豊富な書式を適用する     テキスト、図形、および図形の塗りの色、線の色、透明度、線の形、矢印などを変更できます。グラデーション塗りつぶしの場合、テキストのアウトラインはソースに含まれていますが、表示されますが変更することはできません。
基本的なトランジションとアニメーション     編集やスライドショー中に切り替えたり、アニメートしたり、実行することはできません。元のファイルに含まれている属性は、再度保存すると失われません。
テーマとテーマの変形を適用する     元のファイルで定義されているテーマに基づいてスライドレイアウトとパレットを整理します。テーマの内容を編集することはできません。
スライドマスター     スライドマスターの作成やレイアウトの編集などの高度なデザイン機能は利用できません。
オブジェクト      
テーブル     テーブルを作成および編集できます。テーブルの属性(塗りの色、枠線など)を変更し、あらかじめ保存したスタイルを適用することができます。
スライドの作成と管理      
SmartArt     SmartArtオブジェクトは元のファイルに表示されますが、内容や書式を編集することはできません。
    Wordアートとグラフを挿入することはできませんが、ソースに含まれるオブジェクトは同じように見えます。シェイプオブジェクトを挿入し、そのプロパティ(塗りの色、線の色、透明度など)を変更することができます。
ヘッダーとフッター     日付とスライド番号を含むヘッダーとフッターを挿入して編集できます。ただし、ヘッダーとフッターオブジェクトの内容を直接編集することはできず、ダイアログボックスで内容を変更することができます。
オートフィットテキストボックス     テキストボックスのサイズを自動的に調整したり、テキストボックスに入力されたテキストに従ってテキストのサイズを自動的に調整したりすることができます。この関数は、テキスト入力を終了してテキストボックスの選択を解除すると実行されます。
ピクチャー     Wordアートとグラフを挿入することはできませんが、ソースに含まれるオブジェクトは同じように見えます。シェイプオブジェクトを挿入し、そのプロパティ(塗りの色、線の色、透明度など)を変更することができます。
ハイパーリンク     ウェブアドレスリンクをセルに挿入することができます。
オンラインビデオ     オンラインビデオオブジェクトを挿入または再生することはできません。
アニメーションとトランジションの完全な選択     カスタムアニメーションを作成または実行することはできません。元のファイルに含まれている属性は、再度保存すると失われません。
スライドソーター     複数のスライドビューはサポートされていません。
オブジェクトの配置     オブジェクトの順序、アライメント、および複数のオブジェクト間の間隔を変更することができます。
スライドショー     フィルタを設定したら、[フィルタ]アイコンを選択し、AからZをソートし、ZからAをソートすることができます。
スライドノート     スライド上でノートを表示または編集することはできません。元のファイルに含まれている属性は、再度保存すると失われません。
コラボレーション      
リアルタイム共同オーサリング     複数のユーザーが同じプレゼンテーションを同時に編集できます。
コメントの表示と追加     コメントを表示、編集することはできません。元のファイルに含まれている属性は、再度保存すると失われません。
共有     ドキュメントの共有は、WorkDocsサイトから利用できます。
その他      
パスワードで保護されたプレゼンテーション     パスワードで保護されたスプレッドシートを開くことはできません。
校正ツール     スペルチェッカーは含まれていません。
ズーム      
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。