Thinkfree Office Wordオンライン対MS Word Online

機能の比較チャート

応用

特徴

マイクロソフトワード

オンライン

Thinkfree

説明

共通      
自動保存     最新の変更を定期的にファイルストレージに自動的に保存します。
クリップボード     Webブラウザの技術的な制限により、Webオフィスのテキストのコピーと貼り付けは、デスクトップオフィスの動作と異なる場合があります。
取り消しとやり直し     一連のアクションを元に戻すか繰り返します。
検索と置換     [検索と置換]ツールを使用して、ドキュメント内の特定のテキストを検索/置換します。
オフラインの表示と編集     エディタを使用するにはインターネット接続が必要です。オフラインでの表示と編集はできません。
別名で保存し、コピーをダウンロードする     ドキュメントのコピーをローカルに保存できます。
書式設定      
フォントの書式設定     さまざまなフォントタイプ、フォントサイズ、太字、イタリック、下線、上付き文字などのさまざまなフォント書式設定属性を選択することができます。ハイライトテキスト、フォントの色、および選択したテキストの書式のクリアも含まれます。
段落書式     段落を左/右/中央、インデントまたはアウトデントに揃えて、行間隔を調整できます。
箇条書きと番号付け     6つの箇条書きスタイルまたは6つの番号スタイルから選択できます。インデントを増減することで、ドキュメント内の既存のリストのリストレベルを変更することができます。
リスト     下に入力すると、既存のリストには自動的に次の行がリストに追加されます。
豊富な表形式     リッチテーブルの書式設定には、プリセットテーブルスタイル、ヘッダー行、および列設定が含まれ、シェーディングはサポートされていません。
スタイルを適用する     ドキュメントに保存されている段落スタイルや文字スタイルをテキストに適用することができます。
テーマ     あらかじめフォーマットされたフォント/カラースキームはサポートされていません。
オブジェクト      
テーブル     表の挿入、表のテキストの編集、行/列の追加または削除ができます。
表の行/列を分配する     テーブル内のセルを均等に分散することができます。
テーブル内のセルのマージ/マージ解除     テーブル内のセルをマージまたはアンマージすることができます。
オンライン写真     ローカルハードドライブに保存されているURLまたはファイルを使用して画像を挿入できます。
画像ツール     画像の境界線の色、位置、サイズ順などを変更できます。
    シェイプを挿入したり、作成したシェイプの背景色、境界線の種類、色を設定することもできます。
テキストボックス     簡単にテキストボックスを追加し、テキストの色、内側の塗りつぶし色、または境界線の色を変更します。
方程式     数式オブジェクトはサポートされていません。
SmartArt   表示のみ SmartArtは挿入または編集できませんが、ドキュメント内の既存のSmartArtが表示されます。
リッチメディア     ビデオやサウンドファイルなどのリッチメディアは挿入できません。
VBAとFormsスクリプト     VBAおよびフォームスクリプトオブジェクトはサポートされていません。
レイアウト      
ヘッダーとフッター     文書にヘッダーとフッターを挿入することができます。
改ページ     改ページを挿入できます。
ページレイアウトツール     マージンと用紙サイズの調整に加えて、ドキュメント内のページの配置を水平または垂直に調整することもできます。
ページ番号     ページ番号がサポートされています。
アライメントガイドとグリッド線     ルーラーとグリッド線は使用できません。
参照      
ブックマーク     ドキュメントにブックマークを挿入することができます。
目次     ドキュメント内の既存の目次は表示できますが、作成または編集することはできません。
引用と参考文献     引用や参考文献の表示や編集はできません。
脚注と脚注     文書に脚注と文末脚注を追加できます。
ハイパーリンク     文書内でブックマークリンクを作成するのは簡単です。
コラボレーション      
リアルタイム共同オーサリング     複数のユーザーが同じ文書を同時に編集できます。
変更を追跡する     トラックの変更、ドキュメントのマージ、比較、結合などの高度なコラボレーション機能はサポートされていません。
コメントの表示と追加   表示のみ ドキュメント内の既存のコメントは表示できますが、編集や挿入はできません。
共有     ドキュメントの共有は、WorkDocsサイトで利用できます。
その他      
パスワードで保護されたドキュメント     パスワードで保護された文書を開くことはできません。
差し込み印刷     差し込み印刷機能はサポートされていません。
校正ツール     スペルチェッカーは現在利用できません。
ズーム      
この記事は役に立ちましたか?
4人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。