プレゼンテーションの基礎

Thinkfree Office Show Onlineでは、Webブラウザを使用してアイデアを視覚化することができます。 PC環境に関係なく、いつでもどこでもWebブラウザを使用してプレゼンテーションを表示および編集できます。プレゼンテーションを他の人とリアルタイムで同時に編集して、生産性と効率を最大化することもできます。

 

元に戻す

前のコマンドをキャンセルしたり、入力したコンテンツを削除したり、削除されたコンテンツを取得したりすることで、完了したアクションから元に戻すことができます。

  1. 編集画面で文書にテキストを入力するか、文書を編集します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • ツールバーの元に戻すicon_undo__1_.pngアイコンをクリックします。
    • [編集 - 元に戻す]をクリックします。

注意

この機能は、間違いを元に戻す場合や、文書を元の状態に戻す場合に便利です。元に戻す操作がもうない場合は、[元に戻す]メニューが無効になります。

 

やり直し

元に戻す</ strong>をクリックすると、キャンセルしたコマンドや操作をやり直すことができます。

  1. 編集画面で文書にテキストを入力するか、文書を編集します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • ツールバーのRedo icon_redo__1_.pngアイコンをクリックします。
    • [編集 - やり直し]をクリックします。

注意

1つ以上のアクションを取り消してからドキュメントの他のコンテンツを編集すると、やり直し機能が無効になり、以前に取り消されたアクションをやり直すことができなくなります。

カット

選択したコンテンツを切り取り、クリップボードに移動して、目的の場所に挿入します。

この機能は、テキスト、表、画像、フォームフィールドなどのコンテンツを別の場所に移動する場合に便利です。

選択をカットするには:
  1. カットしたいコンテンツを選択します。
  2. Ctrl + Xを押します。

コピー

選択したコンテンツをクリップボードにコピーし、目的の場所に挿入します。 コピーをクリックすると、カット機能とは異なり、選択したコンテンツが残ってクリップボードに保存されます。

この機能は、テキスト、表、画像、描画オブジェクト、テキストボックスなどの同じコンテンツを複数の場所で使用する必要がある場合に便利です。

選択範囲をコピーするには:
  1. コピーするコンテンツを選択します。
  2. Ctrl + Cを押します。

 

ペースト

クリップボードに保存されているカットまたはコピーされたコンテンツを目的の場所に貼り付けます。

コピーまたは切り取られるコンテンツを貼り付けるには:
  1. コピーまたはカットされたコンテンツを貼り付ける場所をクリックします。
  2. Ctrl + Vを押します。

 

すべて選択

現在のスライド上のすべてのオブジェクトを選択します。

現在のスライド上のすべてのオブジェクトを選択するには:
  1. スライドを選択して[編集] - [すべて選択]をクリックします。
  2. 現在のスライド上のすべてのオブジェクトが選択されます。
  3. 選択を解除するには、<Esc>を押します。

Ctrlキーを押しながらAキーを押すと、スライド上のすべてのオブジェクトを選択することもできます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。