テキスト、リスト、段落の書式設定

テキストプロパティの変更

この機能を使用すると、さまざまなフォントを選択してその特性を定義し、テキストを変更してドキュメントの外観を向上させることができます。

 

太字、下線、上付き文字などのフォントタイプ、サイズ、その他のエフェクトを選択できます。

フォントを変更する

フォントを変更するには:
  1. フォントを変更するテキストを選択します。
  2. [フォーマット - フォント名]をクリックし、適用するフォントを選択します。
    をクリックします。
テキストのプロパティを変更するには:
  1. 変更するテキストを選択します。
  2. ツールバーのプロパティメニューfont_properties.pngで目的のプロパティをクリックするか、 [書式]メニューで必要なものを選択します。

 

リストのスタイル

選択した段落の先頭またはカーソルが置かれている段落に箇条書きまたは番号を挿入または削除します。

 

箇条書きと段落番号は、複数の項目の配置と分類に役立ちます。

リストに数字を追加する

選択した段落に数値を追加するには:
    1. テキストにマウスカーソルを合わせるか、番号を適用する段落を選択します。
    2. [フォーマット - リストスタイル]をクリックします。
    3. 目的の番号を選択します。

numbering.png

 

 

箇条書きを箇条書きに追加する

選択した段落に箇条書きを追加するには:
    1. テキストにマウスカーソルを合わせるか、箇条書きを適用する段落を選択します。
    2. [フォーマット - リストスタイル]をクリックします。
    3. 目的の箇条書きを選択します。

bullet.png

 

番号付きリストを昇格または降格するには、インデントを増やす alt」または「インデントの減少」 アイコンをクリックします。

 

段落のプロパティを変更する

段落書式を適用することで、文書の構成や可読性を大幅に向上させることができます。

 

配置と間隔を指定できます。

段落のプロパティを変更する

段落のプロパティを変更するには:
  1. 変更する段落を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 段落の配置を変更するには、[書式整列をクリックし、段落に適用する整列の1つをクリックします。
    • 段落の行間隔を変更するには、[書式行間隔]をクリックし、リストから行間隔の値を選択します。

 

段落スタイル

インデントを設定するか、選択したテキストまたは段落に既存のスタイルを適用します。

 

スタイルとは、選択したターゲットに適用できる、あらかじめ設定されたフォントおよび/または段落プロパティのセットを指します。現在のドキュメント内のコンテンツのフォント、サイズ、および左右のインデントとアライメント方法を設定できます。特定のテキストまたは段落にさまざまなプロパティを一度に適用できます。

テキストまたは段落に既存のスタイルを適用するには:
  1. 書式設定を適用する場所にマウスカーソルを置きます。
  2. [書式→段落スタイル]をクリックし、リストから目的のスタイルを選択します。選択した書式が選択に適用されます。

 

インデント

選択した段落のインデントを増減できます。

インデントを設定する

インデントまたはアウトデントを指定するには:
  1. インデントを変更する段落を選択します。
  2. [フォーマットメニューをクリックします。
  3. [インデントを増やす]または[インデントを減らす</ strong>]を選択します。
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。