Thinkfree Officeセルのオンライン制限

テキストフォーマットは、セル内の選択されたテキストだけでなく、セルテキストコンテンツ全体に適用されます。

現在、テキストの書式設定(フォント、フォントサイズ、フォントの色、太字、斜体、下線、取り消し線など)は、セル内のすべてのテキストに適用されます。セル内でテキスト書式を選択的に適用することはできません。セル内でさまざまなテキスト書式を使用して既存のファイルを開くと、Thinkfreeはデフォルトの形式のみを表示します。

MS Excel:

unnamed.png

Thinkfree:

unnamed__1_.png

 

このセルを編集しないと、保存後もすべての書式が維持されます。ただし、このセルを編集すると、上の図のようにフォーマットがデフォルトのものに変更されます。

セルにテキストまたはデータ入力が含まれていない限り、行100および列Zの後のセルスタイルは保存されません

パフォーマンス上の理由から、セルにテキストまたはデータ入力が含まれていない場合、行100および列Zの後に適用されるセルスタイルは保存されません。セルにデータが含まれている場合、最も近い10行とその列もそのスタイルを維持します。

特定のOSおよびブラウザのズーム設定にズーム設定の警告メッセージが表示されます
Windowsの表示設定またはブラウザのズーム設定が100%に設定されていない場合は、警告メッセージが表示されます。しかし、Thinkfree Office Cell Onlineは、Mac SafariまたはMac OSでブラウザのズーム設定を正しく検出できません。
セルのコンテンツがセルの幅を超えると「#### ...」を表示できません。
通常、MS Officeでは、コンテンツの幅がセルの幅よりも大きい場合、「#### ...」と表示されます。しかし、Thinkfree Office Cell Onlineでは、セルに「#### ...」と表示される代わりに完全な内容が表示されます。
次の制限を超えるスプレッドシートを開くと、警告メッセージが表示されます。

- 最大合計セル数:5,000,000

- シート内の最大セル数:3,000,000

- 条件付きフォーマットの再計算の最大回数:100,000

スプレッドシートが最大再計算回数を超えた場合にアラートメッセージが表示されます。 (編集を許可する)

再計算の最大数は2,000です。

小数点の値はセル幅でも完全に表示されます</ strong>

Thinkfree Office Cell Onlineは、セル幅に適合する10進数値のみを表示するのではなく、セル幅を超えても10進値全体を表示します。

600個以上のセルを同時にコピーすることはできません。

実際のセル制限は約600ですが、空のセル数やテキスト形式などによって変わります。

グラフのタイトルまたは軸のタイトルのテキストが切り捨てられたり、小さく見えたりする

チャートのサイズが調整されていると、チャートのタイトルまたは軸のタイトルのテキストが切り捨てられているか、または非常に小さいように見えます。

上限を超えて列を追加しようとするとアラートが表示されます

許可される列の最大数は次のとおりです。

IEブラウザ:30列(列ADまで)

他のブラウザ:100列(列CVまで)

 

複数の列を追加する場合は、許可されている列までの列のみが追加されます。

Ctrlキー - キーボードショートカットは、画面上に表示されるセルにのみ影響します。

パフォーマンス上の理由から、Ctrl-Aは、スプレッドシート全体ではなく、画面上に表示されているセルのみを選択します。

5,000行を超えるスプレッドシートの列を削除すると警告メッセージが表示されます

5000行以上の列を削除しようとすると、パフォーマンスが低下します。

1つのセルに最大30,000文字の制限があります。

1つのセルに30,000を超える文字を含むコンテンツを挿入しようとすると、警告メッセージが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
6人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。